朝8時くらいにオフィスに着いたらエアコンが付けられなかった…

空調が効いた電車で仕事に行っても、夏の時期は駅からオフィスまでの間にどうしても汗をかいてしまいます。
あたしの場合は臭いに関しては今は気になるようなことはありませんが、汗がドロドロとしているので不快なのです。
また髪の生えぎわとか背中の箇所は放置してしまうと汗疹ができてしまうのです。

なのでちょっとでも涼しい時間帯だったら汗はかかないだろうと思い、朝8時くらいにオフィスに着いた事があるのです。
そしたらなんと、空調をつけられなかったのです。
勤め先に来るまでは大丈夫だったのですが、エアコンがつくまでの時間が暑すぎるので、早く出社したのに仕事なんてやる気になりませんでした。

そうしたこともあり出勤を早めるのは止めたのです。
最終的に、元々の時間より十五分程早く事務所に到着するようにしたのです。
お化粧室で、冷感汗拭きシートで全身拭き、リフレッシュしてから仕事をしているのです。

汗をかいた所全部しっかり拭くので、面倒臭いけど出来る限り一人になれるところで拭いています。
どのような理由で出勤から仕事を開始するまでいっぱい汗が出てきて面倒な事をしなければいけないのかと思いますが、現状ではこれが最も快適な方法だと感じています。

昔からよく汗をかくのでずっと悩んでいます。
中学に進学すると制服を着なくてはならなくなり、いつも洗濯することができなくなりました。
そうした場合汗をかけば、においがしていないか気になるようになりました。

中に着るものは毎日違いますが、制服の場合は替えの物はありません。
消臭剤などを活用していましたが、ちょっとしたコンプレックスになっていたのです。

今現在でも沢山汗をかくので、洋服を選ばなくてはならないのです。
制服のように洗濯できないという事がなくなったので、臭いの方の心配は減りました。

でも、色の濃い洋服を着ないと汗をかいたら目立つのです。
脇はパットやデオドラントスプレーを利用すれば対策出来ますが、背中の汗はうまく取り繕うことが出来ないので困っているのです。
なので、洋服の色を選択する以外にありません。

それに、暑い季節のみならず冬でも暖房が効いている所では汗が出てきます。
だからといって夏場みたいな服装で外に出かけることは出来ないためホントに困ります。

汗をかいたら服の色を選ぶ以外にもメイクも落ちますし、髪型も崩れてしまうのです。
発汗しにくい体質に憧れてしまいます(笑)

発汗する箇所っていろいろあると思うのですが、わたくしは特に顔周りにかく汗が面倒だと思います。
男性はあんまり気にしない事だと思いますが、女性は化粧が落ちるのでとても困ります。

汗によってなってしまうメイクくずれで最も嫌なのが、顔全体に塗るファンデーションです。
ファンデが汗で落ちてしまうと、汗が流れた所が目立ってしまったり、化粧を直してもムラになってしまったりと面倒臭いのです。
汗を拭くときにハンカチを使うと、ハンカチにファンデーションがつくこともあります。

他にも私が不快に思うのが、おでこに汗をかくことです。
前髪があたってしまう部分なので、汗をかいて蒸れたり、前髪が汗で濡れたりして、外にいるときは大変気にしてしまうのです。
お肌が荒れてしまったりするので、おでこの部分は気を配るようにしています。

夏の時期の汗対策は、日光を出来るだけ避ける事と、うちわや扇子を持って出かける事です。
ここ最近ではデオドラントも様々で、メイクをしていても使えるタイプの商品もあるみたいですので、使ってみたいと思っています。